ホーム > 当社の仕事 > 倉庫事業
会社案内
  workイメージ  
     
  顧客と一体化したサプライチェーンの構築を目標に、スタッフ全員が物流改善活動に積極的に取り組んでいます  
     
  1. 戦略的な物流改革  
   物流事業部が得意としているのは、総12,180坪の保管スペースを利用した一括管理システムです。
 アウトソーシングにより製造の一部を担う作業や仕分け、包装、流通加工をすべて行います。 これにより1万種類を超える自動車部品の受入から保管、出庫、配送と迅速かつ確実な配送を実現しています。
さらに、社内教育(訓練道場)も充実しており、新人からベテランまで安心して働けれる作業環境が整っています。
 
  画像 画像  
         
  2. 人材育成と教育システム    
  物流事業部は、顧客からのさまざまなニーズに応える為、物流改善や品質向上の活動に取り組んでいます。
顧客の要求・経営者の意思を的確に把握しリアルタイムに指示をくだす管理・監督者は、豊富な知識・情報、スキルを習得。円滑に業務を遂行する従業員は、1 分1秒の作業短縮を実現させる技術を習得と人材育成に余念がありません。人財は企業の財産です。
 
  (1)改善提案制度    
    従業員からの改善提案に対し、提案内容に応じ報奨金を支給する制度です。
活動の活性化を図る為、毎月行われる全体朝礼を通じ、優れた改善提案を発表し表彰しています。
 
         
  (2)新人教育    
    わが社に入社して職場に配属されるまでの教育カリキュラムがあります。新人の方も安心して仕事が出来ます。一つ一つの作業に応じた手順書が整備されており、作業の目的とその理由を明確にすることで、理解度を高めています。  
         
  (3)スキルアップ教育    
    物流事業部は、定期的に作業手順と作業速度をチェックしています。
 ①作業手順書を遵守しているか? 
 ②重要な確認ポイントは意識して作業しているか?
 ③効率よく作業され、無駄な動きはないか?  
等をビデオ撮影により当事者と一緒に分析し、品質と作業効率の向上に繋げています。
 
         
  (4)再現教育    
   

過去に発生した転倒事故等を再現する教育です。
実際に製品等を転倒させることで事故の怖さや事故のメカニズムを体験が出来、ビデオや写真よりも絶大な効果を得ることが出来ます。

 
         
  (5)コミュニケーション活動    
    わが社は風通しの良い職場作りに取り組み、末端の従業員の意見や要望が経営者に届く仕組みが構築されています。小グループ単位でミーテングを開催し意見 交換します。意見・要望書を作成し、上司、経営者に回付することで意見等が届きます。意見、要望書から得られる情報から会社の仕組みや業務改善に繋がるこ とは多々あります。  
         
     

▲このページのトップへ戻る