ホーム > クリーンロジスティクス
会社案内
  クリーンロジスティクス  
       
  1. 企業活動としての社会的責任の自覚    
  わが社は、貨物事業、旅客事業を展開する上で、輸送手段の支援および地域住民の足となる使命を担っており、企業における社会的使命は重大なものと思っております。
そこで、安全はもとより企業活動そのものに社会的責任を自覚し、社会及び事業の持続的展開を図るべく、この方針に基づいて社会的責任を果たしてまいります。
具体的には、ISO14001(環境分野)の仕組みを利用して、環境への配慮を求めるために、社員一人ひとりが実践できるように教育活動を実施しています。
 
         
  2. 環境保全活動の推進    
   わが社は、環境と調和した持続可能な社会の実現に向けて、環境に与える負荷を軽減し、限りある資源の有効活用を行ってまいります。
 具体的には、エコドライブやリサイクル活動などを推進しています。

 
  ①運転テクニック・・・・ 省エネ運転の究極であり、1リットルでどれだけ走行できるのかを運転技術で高めるもの。
つまり、エンジン回転数、シフトアップ、ブレーキングなどの運転技術を駆使して燃料の消費を抑えて運転する技術のこと。
 
         
  ②車両点検整備・・・・・ 安全運行するために必要な点検整備。特に、タイヤの編摩耗やブレーキの遊び、効き具合を点検する。点検により車両を長く使用できるメリットがある。  
         
  ③燃費計測・・・・・・・ エコドライブにより燃料消費を減らし、省エネにつなげる。
毎回の給油時に走行キロを集計し、燃費計測を行う。そして運行内容に応じ評価をして従業員への教育指導に役立てる。
 
         
  ④リサイクル化推進・・・ 事業所内より出る廃棄物を最低限にするために、より細かく分別し、リサイクル化を推進しています。
修理などで出る廃油でもリサイクル業者へ依頼することで、廃棄物とならず循環することができる。
 
         
  ⑤紙、用紙の削減・・・・ 社内で使用する用紙類を削減する。用紙類のペーパーレス化を推進するために、グループウエアにて社内回覧や設備予約などを電子化にて決済する方法などを導入している。  
         
  ⑥電力の削減・・・・・・ 電力を大きく使う高圧電力(エアコン、コンプレッサー、水銀灯)の使用を制限し、電力の削減に努める。また、パソコンなどの低圧電力も一度に点灯するのではなく、タイミングをずらし稼働させるように工夫している。  
         
   

▲このページのトップへ戻る